女の人

メシマコブはキノコの王様と言える|信じられない栄養価

つらい時の大きな味方

関節

疲労回復に効果あり

風邪でつらい時や疲れがたまっていると感じた時、または二日酔いの時などに頼りになるのが「栄養ドリンク」です。今では製薬会社から続々と発売され、薬局へ行くといつでも冷たい栄養ドリンクをすぐに飲むことができるようになりました。疲れたらまず1本、風邪ひいたから薬と一緒に1本、と飲むことが多い栄養ドリンクですが、どんな成分からできているのか調べてみました。栄養ドリンクでまず耳にするのが「タウリン配合」という言葉です。タウリンはタコや牡蠣などに含まれるアミノ酸の一種です。タウリンは肝臓の働きを高めてコレステロールを下げる働きがあります。疲労回復やストレスの改善に大きな役割を持ちます。肝機能を高めるので二日酔いに効果があるのです。

飲むタイミングも大事

栄養ドリンクはタウリンの他に、ビタミンBやカフェイン・糖分でできています。ビタミンB群で食事の栄養を活動するためのエネルギーに変換し、カフェインで集中力や覚醒作用を促します。糖分は疲れた体や脳を回復するために大事な役割を果たします。栄養ドリンクは飲むタイミングも大事で、カフェインが入っていることが多いので、夜寝る前には避けた方がよいでしょう。出勤前や通学前の朝に服用すると、脳の活性化を促し効果があります。ビタミンB群の働きを促すためにも、食後に飲むことで効果が上がります。食後に飲むことで食事でとった栄養分の吸収を高めることができます。アルコールを飲むときには飲酒前に服用しましょう。事前に飲むとアルコールを分解して肝機能がアップする場合があります。